有料介護施設で働く際のポイント

介護施設の運営形態は多様化してきており、民間の企業が運営する有料老人ホームのような施設の場合は高齢者のための公的な福祉施設とはサービスの質に大きな違いが出てきます。施設の運営形態によって違いがあり、有料老人ホームでは医療スタッフが二十四時間体制で利用者の健康状態を管理し、個室が割り当てられ、食事や入浴など日常的な介助のサービスがいつでも利用出来るようになっているのが特徴です。
看護師は介護士やドクターと共に利用者の健康管理に携わることになりますが、医療機関での患者のケアとは異なり、サービス業で必要とされる接客的な側面も多く持つことから、接客の心得が重要になります。とりわけ、施設利用者とのコミュニケーションにおいては利用者の選り好みをする事無く、大切にもてなすという心構えが重要です。また、施設が利用者の生活拠点であるということを理解し、日常的なコミュニケーションの中から深い信頼関係を作り出していく事が求められます。施設に入居している高齢者は日常的な相談にのってもらうことで、心身ともに安心し、温和な生活を送ることが出来るようになります。そのため、看護師は心への負担を軽減させるカウンセラー的な役割も担うため、高齢者の健康状態を管理する事に加え、対人スキルも重要な要素の一つとされます。これらの理由から、看護師が有料老人ホームで働く場合には、利用者とのコミュニケーションが大切な要素とされています。