介護施設で働く看護師

自分のやりたい仕事をして活躍していきたいという気持ちと、自分の時間を自由に使って働いていきたいという気持ちとがせめぎあいになる人も多いでしょう。それを解決できる職業としてよく取り上げられるのが看護師です。介護施設を中心として高い需要があることから、医療行為を行わない施設では派遣で働くことも可能なので、仕事に困らない状況があります。そのため、自分でやりたい仕事を選んで仕事のスケジュールを組み、自分の時間を自由に使ってやりたい仕事に携わっていくことができるのです。
そういった観点から看護系の道に進んで資格を取得し、実際に派遣社員として働き始めてみると少し肩透かしを食らった気分になってしまう場合もあります。介護の仕事は施設で働いたり、訪問看護を行うケースもあるようですが、どの職場で働いても他の職員のサポートの仕事になりがちなのです。そのため、やりたい仕事で活躍したいと考えていた人にとっては少し物足りない印象を受けてしまいがちになります。しかし、これは派遣社員として働く場合にはそうならざるをえないとも言えるものであり、いつ来なくなってしまうかわからない人材を中心において職場を動かすというのは経営者側にとってはリスクが大きいのです。看護師として職場での中心になって働きたいのであれば、やはり常勤の仕事をとらざるをえないということは念頭に置く必要があります。ただし、サポート的な仕事もその職場では必要とされていることであり、派遣で働くのも大きな活躍の場であるのも留意しておくべきことでしょう。