今後ますます増加する介護分野の仕事

都市部はもちろん、地方ではさらに深刻な看護師不足が叫ばれています。医師や看護師の不足が地方医療機関の労働環境を悪化させ、それがさらに医療従事者の採用を難しくさせるという負のスパイラルが起きているそうです。最大の要因は、人手不足に起因する負担の増加だといえるでしょう。入院患者のいる病院では、24時間体制の勤務が求められます。スタッフは必然的にシフトを組んで業務にあたることになりますが、十分な数のスタッフがいない場合、結果的にかなり無理なシフトを組むことになります。通常、夜勤明けの手術など安全面を考えると決して望ましくないような医療行為が人手不足を理由に行われることがあるそうです。しかも、患者の命を預かる彼ら医療従事者は常に医療ミスや医療過誤による訴訟リスクを抱えながらの業務を行っているのです。
公官庁の役人や上場企業のサラリーマンに比べると決して高いといえない給料で、そこまで辛い仕事を続ける意味があるのかと疑問に感じる人がいてもおかしくはないでしょう。それにも拘らず多くの医療従事者が現場に留まっているのは、文字通り患者の命を救うためという使命感からに他なりません。今後、この医療分野に加えて介護分野にも大量の医療スタッフが必要になると指摘されています。急速に進む高齢化に対応するにはかなりの人数が現場に求められます。看護師はいうまでもなく医療の知識とスキルを持つ専門家です。介護施設で働く場合、業務の中心が服薬指導とバイタルの確認程度だけになるといわれていますので仕事は楽になりますが、専門家としての知識やスキルの劣化が懸念されます。将来を見据えた介護と医療の複合的な対策が必要な時期が迫っているようです。